ブログ

何かと話題の三菱自動車 自動車税は31日まで!

20150119120114_00001

fileエコエコエコ
燃費燃費燃費
いっそのこと全て電気自動車にして法定速度以外出無い車にしたらいいんではないですか?
もちろん電気自動車税が出てくるでしょうけど。
違反の出来ない車であればお巡りさんも必要ないのでリストラ+違反による税収入は0。
ものの見事に毎年毎年目標金額を決めた額になっている違反金の数字。
もちろんコレがなくなれば税収入が極端に無くなるので絶対にあり得ないと思いますが。

数字ばかり見て車本来の性能や見た目をもう少し見てほしいですね。
デザインは個人差がありますが、カタログ上の燃費はあって無いようなものです。

日本の車はここ数年で変わってしまいましたね。
規制ばかりで走る楽しさを失ってしまい、さらに税金の嵐で若者の車離れも仕方ありません。
古いものを大事に使う事も増税。
ついには軽自動車も軽自動車ではない増税。
贅沢税として自動車税が課せられていましたが、今では無くてはならない存在ですよね。
公共交通機関が張り巡らされている都心部では別ですが、車がないと今の時代何も出来ない環境にある地域も数えられないほど存在しています。
数年前から栄えている地域では自転車が急増しているので今後は自転車も税金がかかるでしょうね。一様車両扱いですので。
今では空き家税があるので自動車もナンバー返納していてもスクラップをした廃車証明が無いと今後何かしら税金を取りそうですね。
乗り物も昔のものは珍しくてプレミア価値が付いたり、話題になったりしますが今の法律では少なからず希望は薄いです。
消費者は新しいものに乗り換えて国が関わる経済成長で税収を増やす為に過ぎませんね。
またその税金を不正に使い続けるので消費者には無駄な負担以外何ものでもありません。
税金の不正利用は過去、未来と無くなる事はまず無いと思います。
汗水たらして貯めたお金ではなく、豪快に無駄遣いしようが他人のお金なので痛くも痒くも無いでしょうから。

今後の乗用車は
ガソリンエンジン
ガソリンハイブリッドエンジン
ディーゼルエンジン
ディーゼルハイブリッドエンジン
電気自動車
となって行き、次世代にはまたガソリンエンジンが必ず必要になり戻ってくるでしょうね。

少し時間があり他の記事を書こうとしたのですがこんな流れになってしまいました笑

あくまでも個人的に書いただけです(^^)


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る