ブログ

真っ赤なレガシィ!ブリッツェン限定車 ガラスコーティング

043_R

031_R

京都からご来店ありがとうございました!

入庫時のボディーはパッと見綺麗ですが、傷キズきずの嵐でした(^^;)

今はホームページに記載していませんが磨きの施工内容にランク付けを近日公開します。

■淡色車■
ステップ1 1~2工程研磨(標準研磨)
ステップ2 2~3工程研磨(中級研磨)
ステップ3 3~4工程研磨(上級研磨)
究極研磨 完璧に仕上がるまで妥協無き工程

■濃色車■(ソリッド含む)

ステップ1 1~2工程研磨(標準研磨)
ステップ2 3~4工程研磨(中級研磨)
ステップ3 4~5工程研磨(上級研磨)
究極研磨 完璧に仕上がるまで妥協無き工程

この4種類を設定します。

実際には研磨工程はもっと多いのですが、難しく書くと普通の方には絶対理解出来ないので分かりやすいように大まかな2~3などにします。笑

詳しくはサイト上にUPしますので興味のアル方はなぜこのような工程が必要か確認できます。

今回の研磨はステップ2程度です。

028_R

027_R

026_R

自分のカメラではどうもキズを認識しないのか中々上手く写せないです・・・

ガンガン磨いて傷を消していき、艶も凄いことになります!

029_R034_R

最後にヒーターで焼付けを行い完成です!

043_R044_R

045_R042_R

ウワー!スゲー!っとおどろき感動されておりました(^^)
今まで市販品のコーティング剤を数十種類と使われていましたが、あくまでも撥水だけの意味なので愛車は綺麗にはなりません。
むしろキズが増えるだけです。

本物の磨き+ガラスコーティングは体験した方以外出会えません(^^)


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る